ニーサってよく耳にするけどなに?

少し前までは、株取引等の投資は、金持ちがより資産を増やすために行うといった印象が強くあったものです。もっともインターネットが普及して手軽に株取引が行える様になって以降はその印象は、一変しました。今では、サラリーマンや主婦といった人達も自宅のパソコンを使い、空いた時間に株取引を行っているのです。
そんな風に株取引が身近になった事で、今も新たに株取引を開始しようと、あれこれ調べている人は少なくありません。そういった形で、株取引に関して調べていると、ニーサという言葉を目にしたり、耳にする機会がどんどん増えています。とはいえニーサという言葉だけでは、一体それが何なのかをイメージするのは、難しいです。
そもそもニーサとは2014年にスタートした制度であり、株や投資信託で得た運用益や配当金を、非課税に出来るといったものです。ただしこの制度を利用するには、ニーサ口座を開設して、その口座を用いて株取引等の投資を行う必要があります。そして非課税に出来る金額は、年間100万円の取引までと定められており、それを超えた取引に関しては課税されるのです。
ただしこのニーサは、毎年100万円ずつ最大で5年間、非課税期間として利用可能であるため、トータルで500万円までの取引を非課税にする事が出来ます。なのである程度継続して取引を行うという人は、ニーサを利用しないと、大きく損をする事になります。
しかもこのニーサ口座は、20歳以上であれば、誰でも口座を開設する事が出来ます。ただし基本的には、全ての金融機関や証券会社において、1人1口座しか持つ事が出来なかったりします。なので様々な銀行に、ニーサ口座を開いて、非課税枠を増やすといった使い方は不可能です。

■注目株はこちらでチェック!
注目株ナビ
■NISAを始めるならこちらを参考に
NISAの上手な使い方
■投資顧問選びに迷ったら
あなたに最適な投資顧問会社を探そう
■お得な優待はここでチェック
優待利回りが高い株主優待