ニーサのはじめかた

ニーサは株や投資信託で投資金額100万円までの運用益や配当金に対して得た利益を非課税にしてくれる制度であり、証券会社や銀行で口座を作る事が可能ですから、少額非課税枠を活用して株や投資信託の初心者は作ってみても良いでしょう。

ニーサの始め方はまず口座を作る事から始める事になり、ネット証券等に総合口座を作って、ニーサの資料を取り寄せ、そこから必要事項記入で提出するという流れが一般的であり、ニーサ口座を作る為には通常の証券口座が必要になりますから、大手の証券会社等の中から選択すると良いです。

ネット証券を活用すればパソコンやスマートフォンからでも好きなタイミングで取引可能で利便性が高く、ニーサ口座非課税枠は株や投資信託の利益に対して必ずしも適用されるわけではなく、信用取引は適用されないですし、国債や通貨の取引等にも適用されないですから、投資全般に適用されているわけではないですからチェックしておくと良いです。

2016から子供版ニーサの0歳から19歳までの年間80万円枠が開始され、20歳以上には非課税枠が120万円にまで広がるという事になっており、貯蓄から投資への意識を高めて試してみるのも良いですし、初心者が投資を始めるきっかけとしても有利な制度となっています。

業者によって取引時の手数料金に違いがありますから、証券会社や銀行等のサービスを比較検討して口座を作ると良いですし、漠然と大手という理由だけで選ぶと手数料等の関係から利益をそれほど得られなくなる可能性もありますから、業者選びには注意が必要になり、口座を開けば入金して銘柄や投信商品を選択して、ニーサを活用した投資を開始する事が可能になります。