ニーサの簿価と自社株を買う効果

個人投資家が株式投資をしている場合、利益に対しては課税されますが、常々は簿価で判断されます。たとえば、100万円で買ったとしても、その年末になれば80万円になっていることもあれば120万円になっていることもあるでしょう。価格は変動しますから、年末の時点で含み益が発生していることもありますし、含み損が発生していることもあります。しかし、課税は時価ではなくて簿価で行われますから、売却しない限りは利益も損失も発生しません。ですから、売却しなければ課税されることもありません。

ニーサの場合には、非課税期間の間は簿価で考えることになりますが、その期間が過ぎると時価で計算されるという点に注意が必要です。たとえば100万円で買った株が上昇して、ニーサの非課税期間が過ぎたときに120万円になっていたとしましょう。この場合、120万円で新たに取得したのと同じように扱われて、ニーサ以外の口座で管理されます。簿価ではなく、時価で新たに取得したことになります。もちろんこの時点でも非課税ですが、自家で取得したものを売却するときに利益が発生していれば課税されることになるでしょう。

価格が上昇するのかどうかと言うのは、予想するのは非常に難しいことです。それができれば誰でも億万長者になることができるでしょう。相場で取引されますから、予想は難しいのです。しかし、自社株を買うなどの状況になれば、株価が上昇することは容易に予想できます。自社株を買うことによって市場に流通する株式の量が減りますから、供給が低下することで株価が上昇すると考えるのは妥当なことです。実際、自社株を買うという報道が出れば、すぐに株価が上昇します。