ニーサ口座でANAの株購入や投資信託で非課税取引

ニーサ口座を開く事で株や投資信託の運用で得た配当金収入や運用益を非課税にする事が出来ますが、この非課税対象は年間100万円までの取引分に対してであり、非課税枠を超えた分は課税対象になります。

ANAの株を購入した場合は配当金もありますし、100万円の枠内で単元株数の購入も可能ですし、株主優待制度等もあってお得になっていますが、購入時よりも株価が上がったり、配当金が入った時には、その利益に対しては課税されないというのは大きな利点であり、基本的にニーサではデイトレードのように回転率を高めた投資ではすぐに使える金額が上限になりますから、中長期取り引きに向いていると言えます。

ANAのような配当金や優待制度のある株を中長期で保有して、じっくりと活用する方が向いていますし、ANAは枠内で購入可能ですから、ニーサの購入先銘柄としても人気のあるものです。

株取引初心者はどこの株を購入すれば良いか解らないという方も居ますから、投資信託で専門家に運用を任すのも1つの手法であり、注意点としては株取引でも投資信託でも元本保証が無いですから、自己責任でリスクの管理を行う必要があります。

2014年から2023年まで毎年非課税枠の設定が可能であり、ニーサ口座は金融機関の変更は毎年可能になっていますから、証券会社から別の銀行に変更するという事も出来るようになっており、投資の初心者にとって利点の多い制度になっているものです。

ルールを知った上で活用して、非課税枠を上手に活用して投資を始めてみると良いですし、株式投資でも信用取引に関しては対象外になってしまいますから、そうした適用ルールは知って利用する事が必要になるでしょう。